VORANKÜNDIGUNG Spielzeit 2019 - 2020

28.09.2019 Premiere "Le Nozze di Figaro"

Ich freue mich unter der musikalisch Leitung von Alexander Kalajdzic, in einer Inszenierung von Alexander Charim die Rolle des Figaro´s zu singen.

 

(Alexander Charim studierte Germanistik und Geschichte in seiner Heimatstadt Wien. Als Regieassistent am Burgtheater Wien und an der Wiener Staatsoper arbeitete er unter anderem mit Luc Bondy und Peter Zadek.)

 

Le nozze di Figaro, zu deutsch Die Hochzeit des Figaro oder Figaros Hochzeit, ist eine Opera buffa in vier Akten von Wolfgang Amadeus Mozart (KV 492).


ご挨拶&ニュース 2018 | 2019

07.06.2019 - Premiere "Orpheus in der Unterwelt"

Ich freue mich in Premiere "Orpheus in der Unterwelt" von Jacques Offenbach die Rolle des Cupid am Theater Bielefeld in einer Inszenierung von Nadja Loschky singen zu dürfen. Foto: Bettina Stoess

 


japanischer Liederabend  |  tamashima  |  09.august 2019

Der Konzertsaal von Tamashima organisierte für diesen Sommer diesen besonderen Liederabend.

 

Ich werde ausschließlich japanische Lieder und Balladen in meiner Heimatstadt vorzutragen.

 

Zu den Komponisten gehören u.a. Toru Takemitsu,  Makiko Kinoshita, Mareo Ishiketa und Takashi Inomoto.

 

Unterstützt werde ich von Pianistin Tomoyo Umemura, welche in Berlin beim Robert Schumann Wettbewerb gewonnen hat.

 

Ich freue mich schon sehr 

Yoshiaki Kimura

祝辞

 

   木村善明氏が私たちの劇場に所属していることに、私はとても幸せと思うと同時に、誇りに思います。

彼は素晴らしい歌手で、カリスマ性を持った声に、並外れた演技力、舞台での存在感はいつもお客様に感動を

与えています。彼は役柄を演じるとき、とても情熱的で、知的に役そのものに感情移入して行きます。

私は、彼が来シーズン、モーツアルト作曲「フィガロの結婚」フィガロ役、グノー作曲「ファウスト」

メフィストフェレ役、ヴェルディ作曲「アイーダ」王様役を歌うことがとても嬉しく思います。

お客様は来シーズンもまた、変幻自在に変えてしまう彼の繊細なユーモア、軽快な演技、

悪魔の役を楽しむことができるでしょう。

私は、木村善明氏が舞台に立つと必ず素晴らしい公演になることを確信しています。

 

ドイツ・ビーレフェルト歌劇場オペラ総監督

ナディア・ロシュキー


3. Doktorat Recital | Tokio  | 26.Juli 2019

Artwork by www.ollivervonsalzen.net
Artwork by www.ollivervonsalzen.net

Im Rahmen meiner Doktorarbeit singe mein drittes Konzert.

 

Passend zu meiner Doktorarbeit über Carl Loewe (1796 - 1869 ) singe ich im ersten Teil Lieder und Balladen des  Komponisten.

z.B.: "Du schönes Fischermädchen", "Die Jungfrau und der Tod" und "Meeresleuchten"

 

 

Im zweiten Teil singe ein Stück von Mareo Ishiketa 

"Will the moon " für tiefe Stimme und Kammermusik, was übersetzt soviel heißt wie "Heulend am Mond".

 

Ishiketa ist am 26. November 1916 in Wakayama geboren und ver  am22. August 1996. Er ist ein japanischer Komponist. 1946 wurde er Dozent am Tokyo College of Music und dann an der Tokyo Gakugei University , wo er 1968 Professor für Musikkomposition und 1974 Musikdirektor war.


Yoshiaki kimura - liederabend | Insel Reichenau  | 14.März 2019

Die Bezirkssparkasse Reichenau und Douglas Bostock

präsentieren " Willkommen und Abschied" ein Liederabend mit bekannten und weniger bekannten Liedern, Balladen und Arien.

 

Ich gebe zusammen mit Prof. Cornelius Witthoefft, Klavier (Professor für Lied a.d. Staatl. Hochschule fürMusik und Darstellende Kunst,  Stuttgart) 

Stücke von Schubert, Brahms,  Mozart und Debussy, aber auch unbekannter Komponisten wie Carl Loewe, Roger Quilter und Takashi Inomoto zum Besten.  Das abwechselungsreiche Programm finden Sie unten.

Programm Teil 1

Franz Schubert (1797-1828)

  • Willkommen und Abschied (Johann Wolfgang Goethe) op. 56, Nr. 1 / D 767

Carl Loewe (1796-1869)

  • Tom der Reimer (Theodor Fontane) op. 135
  • Odins Meeres-Ritt oder Der Schmied auf Helgoland (Aloys Schreiber) op. 118

Carl Loewe (1796-1869)

  • Abendfantasie für Klavier op. 11

Johannes Brahms (1833-1897)

Aus: Deutsche Volkslieder WoO 33

  • Die Sonne scheint nicht mehr
  • Da unten im Tale
  • Mein Mädel hat einen Rosenmund

Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

  • Per questa bella mano (unbekannter Dichter) Konzertarie KV 612

Programm Teil 2

Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

  • Tutto è disposto... / Aprite un po‘ quegli occhi
    Arie des Figaro aus „Le Nozze di Figaro“ (Libretto: Lorenzo da Ponte)

Roger Quilter (1877-1953)

3 Shakespeare Songs op. 6

  • 1. Come away Death
  • 2. O Mistress Mine
  • 3. Blow, Blow Thou Winter Wind

Claude Debussy (1862-1918)

Aus: Préludes für Klavier, Band 1

  • La sérénade interrompue [Das unterbrochene Ständchen]
  • Minstrels [Spielleute]

Francis Poulenc (1899-1963)

  • Toréador. Chanson hispano-italenne (Jean Cocteau)

Paul Dessau (1894-1979)

Aus: Tierverse (Bertolt Brecht)

  • Das Schwein
  • Der Elefant

猪本隆 Takashi Inomoto (1934-2000)

  • オオカミの大しくじり(川崎大治)Des Wolfes großer Fehler (Daiji Kawasaki)

Hugo Wolf (1860-1903)

  • Seemanns Abschied (Joseph von Eichendorff)


"Hänsel und Gretel"  | Stadttheater Bielefeld | Premiere 01.12.2018


 

Am 01. Dezember 2018 feierte die Oper und Gretel» der zauberhaften Märcheneroper von 

Humperdincks  (1854 - 1921) ihre Premiere und ich freute mich die Rolle des Vaters zu singen.


1. Symphoniekonzert Reger | Zimmermann| Brahms

FR. 12.10.2018 UM 20:00 UHR RUDOLF-OETKER-HALLE

Spektakulärer Zimmermann

Die Bielefelder Philharmoniker brillierten mit „Ich wandte mich und sah an alles Unrecht, das geschah unter der Sonne“

 

"Großartig Bassbariton Yoshiaki Kimura, seit 2014 Mitglied des Gesangsensembles. Er interpretiert bestens studiert seinen überaus anspruchsvollen Part mit überbordender Leidenschaft, kluger Zurückgenommenheit, sarkastischem Unterton, prachtvollem Stimmvolumen, jeder noch so heftigen Orchesterattacke standhaltend. „Weh dem, der allein ist!“ Damit entlässt er das Publikum in die Pause."

 

Neue Westfälische 15.10.2018


G.ロッシーニ作曲 オペラ「チェネレントラ - OPERNSCHLOSS HALLWYL     初日:2018年7月27日

親愛なる皆様へ

 

 スイスでこの夏、ロッシーニ作曲オペラ「チェネレントラ」アリドーロ役で出演いたします。

あまり歌われることのないアリドーロのアリアを歌わせて頂きます。ぜひお越し頂けたら嬉しいです。

 

For more information and tickets: www.operschlosshallwyl.ch


R.ワーグナー作曲 楽劇「ラインの黄金」| ドイツ・ビーレフェルト                   歌劇場初日:2018年3月3日

親愛なる皆様へ

 

 R.ワーグナー作曲 楽劇「ラインの黄金」アルベリヒ役で8回の公演に出演いたします。

写真の方もホームページに掲載していますのでぜひご覧ください。残りの公演も精一杯頑張ります。


G.ロッシーニオペラガラコンサート in ゲッティンゲン | 2018年6月1日

親愛なる皆様へ

 

7人の個性溢れるソリスト、ヘルマン・ブロイヤー氏率いるゲッティンゲンオーケストラと共に、ロッシーニオペラガラコンサートに出演いたします。

私は、オペラ「ランスへの旅」ドン・プロフォンドの早口アリア、

オペラ「セビリアの理髪師」バルトロの早口アリア、

他にチェレントラの7重唱を歌います。

どちらも早口アリア。これから楽しみです。


2017年10月22日 G.ロッシーニ生誕225周年記念オペラガラコンサート

Manami Okazaki, Koloratursopran

Tatjana Charalgina, Sopran

Kremena Dilcheva, Mezzosopran

Enrico Iviglia, Tenor

Tae-Joong Yang, Bariton

Yoshiaki Kimura, Bass-Bariton

Hayk Tigranyan, Bass

 

親愛なる皆様へ

 

 多彩で様々な色を放つ19世紀のオペラ作曲家G.ロッシーニは生誕225周年を迎えます。その記念すべき年に、ロッシーニ作品だけのオペラガラコンサートに出演いたします。私はその中から、セビリヤの理髪師からドンバルトロのアリア、ランスの旅からドンプロフォンドのアリア、チェネレントラから7重唱を歌います。歴史あるフランクフルトアルテオペラ歌劇場で演奏できることをとても嬉しく思います。みなさん、ぜひご来場ください。お待ちしております。


マルセン文化賞  8月28日授賞式

岡山のマルセン財団からマルセン文化賞をいただけることになりました。

8月28日、岡山グランヴィアホテルで授賞式が執り行われました。

今までの活動が認められ、受賞に至ったそうです。

コンクールでの優勝。岡山でのリサイタル。ギフトでの活動。後進の育成。

一つ一つが認められて本当に嬉しく思います。

 

この賞に恥じないように、これからも精進致します。

 



バスバリトンリサイタル 7月28日

この夏、

地元玉島(岡山県)でコンサートを開催する運びとなりました。

生まれ育った玉島でのコンサート。特別な想いが僕の中にあります。

父が33年間働いた玉島。

2007年に亡くなってしまいましたが、今年はメモリアル10周年なのです。

そんな年に、父が以前働いていた銀行がスポンサーとなり、

コンサートを開催できることになりました。

きっと父が見てくれているんだなと思います。

ぜひぜひ、玉島の皆さん、

7月28日(金)玉島湊ホール、ご来場お待ちしています😀

ピアノは長年一緒にデュオとして活動してる、田中悠一郎です。一部はドイツ歌曲、

二部はドイツアリアを演奏します。


ギフトキッズアカデミー8月21日から24日

ギフトミュージックカンパニーは、2004年に高い志を持った若手音楽家が集まり発足しました。今までに16回のコンサートを成功させ、各メディアから取り上げられてきました。 2011年からはキッズと共に、コンサート活動を開始。その一環として、毎年夏にキッズアカデミーを開講し、約100人になるキッズたちと4日間歌を通して、人を思いやる気持ちや、

一つのものをみんなで創る達成感、自分を表現することの大切さなどを学びます。4日目の修了コンサートでは、毎年奇跡が生まれる瞬間でもあります。キッズたちの無限の可能性にただただ感動し、

私たち講師自身もキッズからたくさんのものを教えられているのです。