top of page
88f44e_04f3c5b2b34d41cda04419096888df09_mv2_edited.jpg

木村善明
YOSHIAKI KIMURA

木村善明
YOSHIAKI KIMURA

バスバリトン

「木村善明氏は,力強い声でホールを響かせた」
30.09.2019 Cultural Guide Ostwestfalen-Lippe

Start: Willkommen

スケジュール  2022 | 2023 
Theeater-Bielefeld-logo.gif

2022年10月9日 再演

W.A.モーツアルト作曲:「後宮からの逃走」オスミン役

その他の公演日程:10月18日/ 10月23日/ 11月5日/ 11月23日/ 12月15日/

12月23日/ 12月25日

2022年12月3日 初演

J.シュトラウス作曲:「こうもり」フランク役

その他の公演日程:12月6日/ 12月13日/ 12月17日/ 12月27日/ 1月23日/ 2月12日/
3月3日/ 3月18日/ 3月23日/ 3月31日

2023年2月25日 再演

G.ヴェルディ作曲:「アイーダ」王様役

その他の公演日程:3月4日/ 3月8日/ 3月21日/ 4月1日

2023年5月12日 初演

R.ワーグナー:「パルシファル」クリングゾール役

その他の公演日程:5月14日/ 5月18日

 

2023年6月3日 初演

R.レオンカヴァッロ作曲:「ザザ」ドゥクルー役

その他の公演日程:6月3日/ 6月8日/ 6月17日/ 6月23日/ 6月25日

Yoshiaki Kimura 2022 - Osmin
Theeater-Bielefeld-logo.gif

2022年10月9日 再演

 

W.A.モーツアルト作曲:

「後宮からの逃走」オスミン役

その他の公演日程:
10月18日/ 10月23日/ 11月5日/ 11月23日/ 12月15日/ 12月23日/ 12月25日

私は、アンナ・ベルンライター氏の演出で、

オスミン役を演じることが出来、

とても嬉しく思っています。

© 写真: Bettina Stöß © 2022

toppanhall.jpg
flyerfront2022.jpg

2022年8月5日


木村善明
バスバリトン リサイタル
~歌物語への誘い I~

プログラム

シューベルト(詩:シラー):人質 D246

レーヴェ(詩:クーグラ―):石崖の上のグレゴール Op.38  他

『リート・デュオの世界』

誠実さとは、空虚な幻想ではなかった  F. シラー

国内外で活躍するリートピアニスト、子安ゆかり氏を迎え、ドイツの歌劇場でソリストとして活躍する木村善明がバラードの世界を描き上げ、皆さまを歌物語へと誘います。

チケット
全席自由 
一般4,500円  学生3,000円
発売中 
トッパンホール取扱あり
トッパンホールクラブ会員割引あり[10%OFF]

 

トッパンホールチケットセンター

03-5840-2222

営業時間/10:00~18:00  土日祝休

                                         お問い合わせ先 

ヤタベ・ミュージック・アソシエイツ

03-3787-5106

Yoshiaki Kimura 2022 - Egmont
Theeater-Bielefeld-logo.gif
"EGMONT"「エグモント」

C.ヨースト作曲 | マキアヴェル役

2022年4月23日 ドイツ初演
その他の公演日程:4月20日/ 5月12日/ 5月27日/ 5月29日/ 6月15日/ 6月25日

"マキアヴェル役の木村善明氏は、底知れぬ怒ったバスの声で、

人間存在の淵を示した。"

02.03.2020 Westfahlen-Blatt

私は、ナディア・ロシュキー氏の演出で、マキアヴェル役を演じることが出来、とても嬉しく思っています。

 

べートーヴェンは1810年に、ゲーテの悲劇「エグモント」の為に有名な付随音楽を作曲した。そしてアン・デア・ウィーン劇場がベートーヴェンの年に合わせて、作曲家クリスティアン・ヨーストに作曲を依頼した。オペラとしてのエグモントは、ベートーヴェンの音楽を参考にしている。

写真: Bettina Stöß © 2022

Yoshiaki Kimura-Redcital2021-Flyer-Front-A4 © by Olliver von Salzen.jpg

 

日本の歌をうたう

〜愛と平和〜

2021年8月1日(月)


ご挨拶

今年は、『愛と平和』をテーマにオール日本のうたでリサイタルを開催致します。
新作発表として、新進気鋭作曲家箭内明日香氏、名田綾子氏、中村夏子氏が私のために作曲して下さいました。
そして、ギフトキッズアカデミー生との共演も見どころの一つです。

皆様と会場でお会いできるのを心から楽しみにしております。

木村善明

HAKUJU HALL 白寿ホール〒151-0063 渋谷区富ヶ谷1丁目37-5

時間: 開場13時半 開演14時

入場料金:大人4000円 高校生以下2000円
              (当日各500円増)

 

主催、お問い合わせ、チケット販売:
ギフトミュージックカンパニー横川 03(3948)8010

Theeater-Bielefeld-logo.gif
グノー作曲 オペラ
ファウストメフィストフェレス役
初日:2020年2月29日

オペラ『ファウスト』のメフィストフェレス役を、
日本人演出家である菅尾友氏とご一緒します。とても楽しみです。

木村善明氏は、オペラの最初から最後まで舞台の至る所で、
   迫力のある声と素晴らしい演技をコントロールし、
   このオペラの絶対的な主役となった。

      03/02/2020 Westfahlen-Blatt

 

Programheft-back.jpg
Yoshiaki Kimura Flyer 2021 © Olliver von Salzen

2021年7月24日

学位審査

 

東京藝術大学大学院音楽研究科後期博士課程 

カール・レーヴェのバラードに魅せられて


今回のプログラムは、全てレーヴェのバラード作品となっており、論文の核でもある、《カール皇帝五世》作品番号99のバラード歌曲集を中心に、伝説のバラード《石崖の上のグレ―ゴール》作品番号38、皇帝バラード《オットー皇帝の降誕祭》作品番号121で構成されております。これらの作品は、日本でもドイツでも演奏されることが稀であり、新たなレーヴェの魅力を皆様にお伝えできると確信しております。

 ドイツ留学時代、歌の先生から勧められたレーヴェのバラード作品。バラード(物語詩)に作曲された彼の作品は、登場人物の表現を多彩なモティーフで描写し、まるで絵画を見ているかのように色彩豊かで、初めて触れた時から、彼の作品の虜になったことを今でも鮮明に覚えています。それ以来、レーヴェのバラード研究を軸に、博士論文「モティーフが語るカール・レーヴェのバラード-カール皇帝五世Op.99を中心に-」を執筆致しました。
 

公開演奏会